ホーム > アステックペイント

アステックペイント

ASTEC アステックペイント

visual_008.jpg

イケダSCでは外壁塗装にASTECアステックペイントをお勧めしています。
ASTECアステックペイントは、紫外線が日本の3倍以上もあるオーストラリアから生まれた、耐久性・快適性に
優れた住宅塗料です。

耐久性と価格だけなら、フッ素樹脂塗料と同等ですが、最大の特徴として、不純物を含まないピュアアクリルで長期間高弾性を有する防水性に非常に優れた塗料です。また、重ね塗り設計をすることにより、長期間住宅を守ることが出来ます。
60周年のイケダSCの企業努力により コストを下げていますのでこの機会に是非ご検討ください。
お見積りは無料です。しつこい営業も致しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

 

アステックペイントは、不純物を一切含まない新素材ピュアアクリル塗料です。

 

title02.gif img01_001.jpg

不純物を一切排除した、アクリル100%の樹脂が使用されている塗料です。

一般的なアクリル塗料は、スチレンアクリル等の耐久性が低いとされる樹脂を純度を下げて製造するため、安く製造することはできますが、性能や耐久性を犠牲 にしてしまいます。しかし、アクリルとは本来、とても耐久性のある素材で、飛行機の窓や水族館で使われている水槽も実はアクリルなのです。
アステックペイントは、その中でも不純物が一切含まれていないピュアアクリルを使用しており、紫外線に晒されても20年程度は劣化しない耐久性を有しています。そんな耐久性を有するアクリルを100%のまま塗料化することに成功。
世界で最も紫外線の強い国オーストラリアでも、15年から20年の耐久性を誇っているのです。

 

 

可塑剤(カソザイ)を一切使用せずに、優れた弾性力を長期にわたって発揮。

 

可塑剤とは塗膜を軟らかくするために、塗料に加える成分のことです。
一般の弾性塗料(ひび割れ対策用塗料)には、可塑剤が含まれています。可塑剤は紫外線にあたると、3~5年で完全に気化してしまいます。

可塑剤が抜けた塗膜は弾性を失い、硬化してひび割れを起こしてしま
います。

 

img02.jpg

 

 

アステックペイントは可塑剤(カソザイ)を使用していないため、長期間弾性機能を維持します。

 

アステックペイントはピュアアクリルの分子の組み換えにより、樹脂そのもので長期間弾性を発揮することができるので可塑剤を加える必要がありません。
これは、アステック社独自の技術で、国内塗料の、フッ素やシリコン塗料並みの超耐久性を実現すると同時に、防水塗料に必要な高弾性を有しているため、非常に優れた塗料であるといえます。

 

img03.jpg

 

営業時間//8時から17時  定休日//日曜・祝日        TEL//042-541-0622

アステックペイントをもっと詳しく知りたい方は、アステックペイント様のサイトをご覧ください。

http://astec-japan.co.jp/